スポンサードリンク

脚やせのポイント

ダイエットに励んで細くなりたいと思っていたのに、“より太い下半身になった”り、減ってほしくない“胸のお肉は落ちてしまう”という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか?
そういったこともあり“脚やせ”はよく難しいと言われるのかもしれません。

さらに“セルライト”を伴った下半身を細くしていくのはかなりたいへんな事なようです。
単純に下半身の脂肪や水分の蓄積による下半身太りだけではなく、“セルライト”の発生には様々な要素がからみあっています。

食事方法、エクササイズ、サプリメントなどを上手に組み合わせて、すっきりと“脚やせ”するポイントとは何なのでしょうか?

まず第一にストレスを貯めない事です。
ストレスは血管を収縮させ、血液の流れを悪くするために、脚はうっ血してリンパの流れも悪くなります。
毒素・老廃物などが体内にいつまでも留まるようにもなってしまいます。
そしてさらに余分な水分もため込まれてしまうのです。

体内の毒素を処理するには多量の水分を必要とします。
水を飲むと“むくむ”と思われがちですが、体内で発生する老廃物をしっかり体外に出す為には逆に水が必要です。
1日にコップ8杯を飲むくらいが水の摂取量の目安です。

フルーツは体内の浄化を促進させるとともに、即効性のエネルギーとなります。
ビタミン、ミネラル、植物成分の摂取、さらに水分の補給にも理想的です。
フルーツにはカリウムも多く、カリウムにより体内の余分な水分が自然に排泄されます。
フルーツを“適量”かつ“積極的”に食べるようにしましょう。

たんぱく質が不足することはむくみに直結すると同時に、“セルライト”の損傷組織の修復や脂肪の燃焼、その他の代謝にも支障がでてきます。
日々の生活で良質のたんぱく質を確保する事が大事です。

エクササイズやウォーキングなどの有酸素運動は、少しずつでも構わないのでできるだけ毎日実行します。
適度な運動は、血行を促進させ、体内の毒素や脂肪の体外への排出がスムーズになり、またストレス解消にもなります。
またさらにマッサージの習慣も効果的なようです。

サプリメントも様々ありますが、脂肪の減少、むくみ改善のサプリメントや、体の調整に働くサプリメント、栄養の消化吸収・同化をサポートする酵素サプリメント、セルライト内部の線維の正常化に必要なビタミン類やミネラルなどを体の状態に合わせて摂るのが良いでしょう。

脚やせのポイントと言っても様々ありますが、“できる事から始める”というのが脚やせへの第一歩であるといえます。
タグ:脚やせ
スポンサードリンク
脚やせ法特集:内容の紹介
脚やせとは
「上半身にくらべて下半身が太っている」、「下半身ばかり太っていてパンツを履きたくない」、「下半身が太っていてパンツにシャツを入れられない」→「どうしたら脚やせができますか」というものがあります。 この疑問を持つ人はおよそ100%が女性であると言われています。 しかし「下半身太り」というのは本当なのでしょうか。
下半身のエクササイズ
下半身の太さがどうしても気になるという方が多くいるのではと思いますが、下半身を引き締める一つの方法がやはり、“日々のエクササイズ”であると言えます。
脚やせのポイント
ダイエットに励んで細くなりたいと思っていたのに、“より太い下半身になった”り、減ってほしくない“胸のお肉は落ちてしまう”という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか? そういったこともあり“脚やせ”はよく難しいと言われるのかもしれません。
下半身太りの原因
女性が下半身太りになりやすいというのは、脂肪を貯蔵する“レセプター”というものが、体の特に下半身に多く配置されているからだと言われています。 “レセプター”というのは脂肪の貯蔵・放出をコントロールする受容体の事です。
脚やせに良い食品
脚やせにおすすめの食品、脚やせのために積極的に摂りたい食品、あるいは脚やせのために避けたい食品などを見ていきたいと思います。
脚やせサプリメント
ここで見ていきたいのが、脚やせに最適なサプリメントについてです。 脚に脂肪がつきやすく、減りにくい原因の一つはたんぱく質不足といわれています。 良質のたんぱく質をしっかりと摂取し、体内で効率よく利用される状況を作るという事がやはり必要になってきます。
脚やせと食事
脚やせを目指す方が女性に多いという事に関連して、脚やせ=ダイエットのために気をつけたい買い物の仕方を見ていきます。
デトックス
ここで紹介したいのが“デトックス”によって“脚やせ”する方法です。 “デトックス”で体内環境を整え、脚やせを目指すことができます。
脚やせとバスタイム
お風呂でできる脚やせの方法を紹介したいと思います。 お風呂を有効活用し、効果的な脚やせをしたいものです。
アロマバス
ストレス解消方法の一つとしてアロマバスについて詳しく見て行きたいと思います。 一日の疲れをとるためにも、冷え性の改善のためにも、できるかぎり毎日湯船につかるのが良いとされます。 身体がリラックスすることによって、アロマオイルの成分が肌に浸透しやすくなりアロマバスの効果もあがります。
アロママッサージ
脚やせといってもやはり基本は全身のダイエットですので、食生活の改善や適度な運動がまず行いたいことですが、その他にそれらの事と並行してできることとして、ストレス解消と脚やせのためのアロママッサージがあります。
骨盤矯正
一般的に、誰でも骨盤が歪んでいたり、多少のゆがみはあるそうですが、O脚もしくはX脚だったりすると、リンパの流れが悪くなり、下半身太りが解消されにくくなるそうです。
エルセーヌ
エルセーヌでは「施術」、「ホームケア」、「食事の改善」、「精神面でのフォロー」などを柱にして、各部分のサイズダウンと太りにくい身体づくりの指導を行っているそうです。
セルライト
下半身太りの原因と言っても様々ですが、その中でも“セルライト”、これもよく言われる下半身太りの原因の一つだそうです。
原因別セルライト
成人女性の8割の人にあると言われる“セルライト”ですが、脚やせの妨げにもなりやすい“セルライト”の原因は主として「代謝低下型」、「食事問題型」、「運動不足型」、「環境要因型」の4つに分けられるそうです。
体型別セルライト
セルライトができてしまう原因はいくつかあるのですが、原因が同じでも体型の特徴によって“セルライト”の撃退方法が変わってくるそうです。
自律神経とセルライト
“セルライト”ができないライフスタイルとはどのようなものなのでしょうか。 ここでは“セルライト”の発生に深い関係がある自律神経に注目しながら“セルライト”の撃退法を見て行きたいと思います。
脚やせと水泳
水泳はとても効率の良い全身運動で、ダイエットに最適とよく言われていますが、水泳はダイエットの中でも特に脚やせを考える人にも適した運動なようです。
脚やせと太股
太股の脂肪を摂る為には、ある程度筋肉をつける必要があるそうです。 脂肪燃焼をして新陳代謝をアップさせるためにも太股にはある程度筋肉が必要です。
脚やせと太股2
太股やせの場合にはまた、太股の太り方のタイプを知った上で効果的な運動をする必要があります。
脚やせと脚太り
今回は脚やせのマッサージを一つ紹介したいと思います。 各種の脚やせマッサージの中でも、“リンパマッサージ”というのは本場フランスでは理学療法としても行われており、美容にも取り入れられ脚やせにも効果的だと言われているそうです。
脚やせとふくらはぎ
一部の脚やせを目指す人の間では、ふくらはぎを細くするには脚の筋肉をなるべく使わないようにして筋肉を衰えさせればいいと言われてれています。 脚の筋肉を衰えさせるのに最も有効的なのは体重を減らす事だそうです。
脚太りの改善
“脚が太い”というのにはいくつかの種類があり、「脂肪太り」、「水太り」、「筋肉太り」の3種類があります。
脚やせとダイエット
脚やせも下半身やせも、結局の所は全身のダイエットを行う事が大切となってくるのではと思いますが、脚やせとダイエットは全く別物だという説もみかけます。
脚やせとスクワット
スクワットは、大腿四頭筋(太股前面)、下腿二頭筋(ふくらはぎ)、大臀筋(だいでんきん)、縫工筋(ほうこうきん。人体中最も長い筋で,大腿前面を斜めに走っている)などの引き締めと筋力アップに効果が期待できるそうです。
脚やせと踏み台昇降
脚やせといっても“まずは全身のダイエット”と言いますが、ここでは有酸素運動の一つとして“踏み台昇降”を見ていきたいと思います。
踏み台昇降とその準備
その踏み台昇降の準備ですが、踏み台は5cm〜30cmくらいのものを用意します。 有酸素運動を主目的にすらっとした身体を目指したいなら5〜15cmの低い台、脚に筋肉をつけ立派な脚を目指すなら15cm以上の物が適しているそうです。
脚やせとウォーキング1
“ウォーキング”の大きな特徴は、“体内に酸素を取り込みながら運動する有酸素運動”という事で、“脂肪燃焼”から、“美容”への効果が期待でき、“骨の強化”、“内臓の機能向上”、“記憶力アップ”、“日常のストレス発散”などがあります。
脚やせとウォーキング2
“ウォーキング”の注意点ですが、やはり体調に合わせて行う事が大切です。 自分のその日の体調を前日の体調などと照らし合わせて運動を行うと良いでしょう。
脚やせとウォーキング3
ウォーキングのポイントといっても色々ありますが、その中でも今回はウォーキングのフォームを見ていきたいと思います。 “がに股”歩きや、“足を引きずる”ような歩き方では、疲れやすくなったり怪我をしてしまいかねません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。